風習・習慣(日本)

ウナギと虚空蔵菩薩の話

土用の丑の日が近づき、あちこちでウナギのチラシやのぼりを目にします。 ところで、昔は地域によっては「丑年又は寅年の生まれだから、ウナギは食べない」と言う人が居たのだそうです。 生まれ年の干支で決まる守り本尊 虚空蔵菩薩(こくぞうぼさつ)とはどん…

ちゃぶ台返しはいつから存在したのか

昭和の頑固オヤジといえば、ちゃぶ台返しですね。有名なのはやはり、巨人の星の星一徹でしょう。そのパロディは数知れず。しかし、このちゃぶ台返し、いつの時代から存在したのでしょうか。気になったので調べてみました。 前提条件 ちゃぶ台の始まり ちゃぶ…

一切れ、三切れ、何と読みますか?たくあん一切れ、三切れは縁起が悪い?

「1切れ、2切れ、3切れ、4切れ」。 何と読みますか? 「ひときれ、ふたきれ、みきれ、よきれ」 でしょうか?それとも、 「いちきれ、にきれ、さんきれ、よんきれ」 でしょうか。 お造りや漬物の盛り合わせなどは、人数に合わせて何切れずつにするかお客様…

山帰来餅と柏餅の話

柏餅のシーズンがやって来ましたね! 柏餅に使われているカシワという植物はブナ科の落葉広葉樹です。秋には大きなまん丸のどんぐりを実らせます。 ところで、京都市内出身の私は、カシワのどんぐりを拾った事は…無いのです。 照葉樹林帯が中心の西日本では、…